反王だもの。

リネージュ2レボリューション、フレヤサーバー(元ケンラウヘルサーバー)所属。反王親衛隊/反王新鋭隊血盟盟主、ケンラウヘルの手記。

反王と誕生日【前編】

総員、我が名はケンラウヘル。すなわち反王である。

 

さて、夏の思い出の話が途中なのだが、かなり大規模なオフ会が開催されたのでそれについて書かせてもらいたいと思う。

 

ふとした会話

ある8月頭の会話。

 

twitter.com

リネージュM関連で、闘神ぺい様の会社に遊びに行った時の話。

 

リネージュMでは我と同じサーバーにいるぺい様。

その関連でぺい様の会社に遊びに行き、わちゃわちゃと遊んでいた時のことだ。

 

ぺい「そういえば、PANCHさん、近々誕生日だよね、プレゼント用意しよう」

 

この一言から誕生日を祝おう、そういう話になった。

 

twitter.com

8月30日にPANCH誕生日会を行う予定だったのだが、どうしても我が日程が合わず。

しかし日頃から世話になっていることもあり、何をプレゼントしたら喜ぶかという話をしていた。

 

ぺい様、ここは敬意を込めてペーちゃんと書くことにしよう。

ペーちゃんと話した結果、金で買う物じゃない何かをプレゼントしよう、という話になった。

結論としては、

 

f:id:kenrauheru:20190925140617p:plain

PANCHが必ずカラオケで歌うhideのロケットダイブ「ロケット課金」という替え歌で歌い、それを動画にするという話になった。

 

では動画編集はどうするのか、という話になったのだが、それについて我が担当することになった。

我はいつも友人の結婚式で写真を編集して動画を作った事が何度もある。

というか、いつも結婚式シーズンになると我が担当になるわけだが。

 

という事で、すったもんだあったのだが、動画を作りつつ、作詞はペーちゃん、そしてまさかのペーちゃんの自宅で歌声の収録をして動画を完成させたのだ。

 

PANCHを含めた色々な写真を集めてもらい、色々な人からコメントをもらって作成した動画。

我とペーちゃんの替え歌が入った、当事者からすると小っ恥ずかしいが面白い動画を作成する事ができた。

本当は動画を公開したい所なのだが、決して顔を出してはいけない人などが映っているので画像だけダイジェストで貼り付ける。

イメージでこんな感じだったんだなと思ってもらえれば。

 

f:id:kenrauheru:20190925141241p:plain

f:id:kenrauheru:20190925141354p:plain

f:id:kenrauheru:20190925141434p:plain

f:id:kenrauheru:20190925141515p:plain

f:id:kenrauheru:20190925144515p:plain

f:id:kenrauheru:20190925144540p:plain

f:id:kenrauheru:20190925141835p:plain

f:id:kenrauheru:20190925141622p:plain

 

本当に動画を見せれないのは残念なのだが、とにかく我の誕生日プレゼントはこの替え歌&動画であった。

 

にしても、何度も自分の歌声を改めて動画として聴き直したのだが、

 

f:id:kenrauheru:20190925144106p:plain

その度に死にたくなるのは我だけだろうか。

 

9月に入って

そして時は移って9月。

突然夜中に電話がかかってくる。

 

f:id:kenrauheru:20190925142240p:plain

最近ではすっかりブレダンから勇者に転職してしまった、名を呼ばれぬ戦士、JUNKからだ。

 

渋谷でVertexの人がやっているBARで飲んでいるとのこと。

既に夜の23時近くであったが、仕事帰りだったこともあり行くことに。

 

そこにはSFiDA筆頭の

 

f:id:kenrauheru:20190925142634p:plain

ちゅばである。

 

話はいつも通りのバカ話から、リネレボや他のゲームについてで盛り上がった。

その中で、PANCHの誕生日の話になったのだ。

我は海外にいたので参加はできなかったので誕生会の様子を聞いてみた。

 

さぞかし盛り上がったようで、特に象徴的だったのは、あの有名なCISがPANCHに送った誕生日プレゼント。

 

f:id:kenrauheru:20190925143057p:plain

ロマネコンティ。

これをまるで野球の応援メガホンのように素手で持ってきた上でプレゼントしたという話。

調べれば分かるのだが、これだけで数百万という価格のワイン。

 

 

 

 

 

f:id:kenrauheru:20190925144106p:plain

ほぼ我の年収クラスという事実。

悟りを開きそうな境地に陥るのは置いておこう。

 

さて、そんな中で「我の誕生日プレゼントはどうだったのか」という話になった。

 

結論としては爆笑を掻っ攫ったとのことであった。

その言葉に胸を撫で下ろす我。

 

そこから話は我とちゅばの誕生日の話に発展することに。

ちなみにちゅばは我とほぼ同じ時期の誕生日だったことが判明。

 

JUNKから驚きの一言が発せられる。

 

JUNK「ちゅばと合同の誕生日を開こう!」

 

こうして、我の裏で色々な人を巻き込んだ誕生日会が動き始めるのであった。

 

続く。

反王親衛隊・新鋭隊の掟については<こちら>を参照の事。

プライバシーポリシーについては<こちら>を参照の事。