反王だもの。

リネージュ2レボリューション、フレヤサーバー(元ケンラウヘルサーバー)所属。反王親衛隊/反王新鋭隊血盟盟主、ケンラウヘルの手記。

2周年アップデートとカマエル

総員、我が名はケンラウヘル。すなわち反王である。

 

とりあえず今回のアップデートについてぼやきを。

 

カマエル育成

今回の謳い文句が「過去最大級のアップデート」という通り、とんでもないボリュームになっているのは皆知っての通り。

中でもやはり一番は新職のカマエルだろうか。

 

f:id:kenrauheru:20190820132958p:plain

新職並びに新サーバー、これによって復帰者も増えたと思う。

新サーバーではYOUTUBERたちが何名も参戦し、群雄割拠となって面白い状態であると聞く。

そのカマエルブームの中でもカマエルではなく、元々のメインキャラを育てるためのサブキャラとして育成する人も多い。

我もその中の一人。

 

オーク実装の際にあったサブキャラの戦闘力3%反映。

これによって4キャラを「無理やり作らないといけない」という状況。

その中でも「前衛職は前衛のキャラがいいよ」という話と共に「育てるのはオークがサクッといく」という話から4キャラオークレイダーにしたのだが、

 

f:id:kenrauheru:20190820133512p:plain

この育成が絵的にも生き地獄だった。

当然モチベーションも高くなく、ただ「やらされている感」で嫌々プレイしていた。

全くもって同じクラスの同じキャラを育成するのは非常に苦痛。

 

サブキャラに対してはあまり思い入れがないが、とりあえずカマエルを作成。

これも近接ではなく「やったことがない武器・クラスをやってみよう」ということで弓を選択したのだが、これがなかなか楽しい。

 

しかもこのカマエル。

レベル1からということで相当きついと思ったが、サクサク上がるわアイテムてんこ盛りだわ、オークの時とのモチベーションとは全く違う感じ。

カマエルのメインクエストをぶん回しているだけで、全く育っていないオークを超えそうな勢いで戦闘力が上がっている。

 

兎にも角にも、

最適解よりも自分のモチベーションが上がる方が全てにおいてプラスになる

というのを、オーク実装時の我に言ってやりたい。

 

ちなみに最近引退表明してしまったJUNKの別キャラも見せてもらったことがあるが、メインがブレダンだが近接職とかは関係なく、オークメイジやスカベンジャーなど、好きなサブキャラを育成していた。

まぁ全キャラクターが戦闘力500万近いという、ちょっと常人ではついていけない領域ではあるが。

 

この調子でいけば、サクッとサブオークは抜けそうだ。

 

デュアルクラス

これに次いで大きな目玉と思われるのはデュアルクラスか。

 

 こんな感じでダブルオークで男祭りをしたりする者もいたりする。

ドラクエのエンカウントのような画面だが、まぁこういう楽しみ方をする人もいるだろう。

 

デュアルクラスのネックが「要塞戦・攻城戦にはデュアルクラスが使えない」というところ。

これを踏まえて普段の狩りをメインに考えてデュアルクラスを決める人も多い。

ただ我としては、要塞戦にいつかデュアルクラスが実装されることを期待して、テンプルナイトかガーディアンのどちらにするかを考えている最中。

物凄い硬くて強いパラディンであれば刻印作業も問題ないだろうが、如何せん微課金の我としてはカット職としては活躍できるかもしれないが、刻印にはあまりにも脆すぎる。

少しでも刻印作業ができるように、テンプルなのかガーディアンなのか…

要塞戦にいつ実装できるかどうかは知らないが、これができることによってもっと要塞戦も面白くなるのではなかろうか。

これは多くのユーザーが期待しているところ。

 

MMOと要塞戦

リネレボと切っては切り離せないのは要塞戦。

むしろこれがメインコンテンツとなっているのは事実。

だが最近は「要塞戦だけ」になってきているような気もする。

もはや「MMOというよりもレベリングがある集団対人スポーツ」という感じか。

ただそれはそれで楽しいと思うくらい、要塞戦というのが魅力的であるパワーコンテンツであることも事実。

ただ、従来のMMOというイメージは我の中で薄れてきた。

 

MMOの醍醐味である育成についても、皆も知っての通り、あまりにも課金要素が介入し過ぎている気がする。

アニマライトも、サブアーティファクトもいいだろう、育成要素として入れるのは。

ただそれを集めて育成するために必要なルートが「課金」頼りな感じは否めない。

運営はボランティアではないので課金することには(限界はあれど)特に抵抗はないものの、「そこまで課金で行けちゃうんだ」というのはもう少しだけ考えて欲しいところ。

 

結局の所、売り上げというのは以下の要素で決まる。

 

・BU率(Buying User:課金ユーザーが全ユーザーの中で何%なのか)

・ARPU(Average Revenue Per User:無課金含めた全ユーザーの平均顧客単価)

 

これの掛け算で出るわけだが、やはりMMOの宿命、新規参入はなかなか大変だと思う。

そうなると自然とBU数が減ってくるわけであり、同じ売り上げないしより高い売り上げを目指すのはARPUを伸ばす方向となるのは自然といえば自然。

そうなると顧客単価について行けないユーザーが落ち、さらにARPUを高く設定…

そんな感じになっていくゲームは山ほどある。

もう少しだけ、ついていけるようにはして欲しいところ、というのが本音。

 

ただ単に課金で手に入るというよりも、ゲーム性を持たせて「これなら課金しちゃおうかな」と思わせるコンテンツに力を注いで欲しいと強く願う今日この頃。

 

ちょっと愚痴っぽくなってしまったのだが、これが我の本音。

買わなければいいじゃん、というのも勿論理解しているのだが、微課金からするとこれも買わないと行けないの?とかこれするのにこの金額なん?という微妙な気持ち…誰かわかるだろうか。

ちょっとモヤっとしていたので、そのモヤモヤをカマエル育成で解消していきたい今日この頃。

 

とはいえど、ゲーム内のイベントはもう豪華という以外何ものでもない。

既にマーブル自体も今回のアップデートでより価値は低くなり、手に入れやすいものと化した。

我としては嬉しい限り。

 

ということで、次はカマエルをプレイした所感もそうだけれども、我が軍の要塞戦についてなんかも色々と書き連ねたいところ。

 

…これくらいのボリュームでサクサクブログを書けたらいいな…

 

以上。

反王親衛隊・新鋭隊の掟については<こちら>を参照の事。

プライバシーポリシーについては<こちら>を参照の事。