反王だもの。

リネージュ2レボリューション、フレヤサーバー(元ケンラウヘルサーバー)所属。反王親衛隊/反王新鋭隊血盟盟主、ケンラウヘルの手記。

冬のアップデートについての所感

 

総員、我が名はケンラウヘル。すなわち反王である。

 

LRT真っ盛りなのだが、12月のアップデートが公開された模様。

非常に楽しみで仕方ない。

今日は我の所感をつらつらと。

 

f:id:kenrauheru:20181121132502p:plain

大まかに言うと3つ。

 

要塞戦冬の陣

血盟レイドボス

ログインボーナスイベント

  

要塞戦冬の陣

どうやら要塞戦の見た目が変わる模様。

f:id:kenrauheru:20181121132601p:plain

そして更にはモンスターが出てきて、それを倒すとバフやらデバフやらが出るとのこと。

f:id:kenrauheru:20181121132709p:plain

LOLで言う所のミニオンやモンスターのようなものか。

このバフがかかるのが「ラストアタック」で取るものなのかどうか等、細かいところが気になる。

また、こういう「新しい戦略や戦術が必要になるもの」については大賛成。

何故ならこれを話題として、「どうやって攻略するかについて仲間と考察する」という行為が発生するから。

傭兵なども活発になるのではなかろうか。

 

だがこういうゲームコンテンツの亜種というものは、あくまでイベントとして盛り上がるわけであり、オリジナルの要塞戦がメインであることには変わらない。

 

f:id:kenrauheru:20181121133514p:plain

我としては夏のファンミーティングの際に発表されていた血盟間要塞戦、そして皆が望んでいるであろう、サーバーを超えた要塞戦ができるようにして欲しいものである。

 

血盟間要塞戦が実装されると、毎週土曜日1回だけではなく、任意の血盟と要塞戦を行うことができる。

現状、要塞戦以外の血盟単位でのPVPコンテンツというのは戦争以外ない。

戦争もユーザー同士がルールを決め合い、「キルデス数勝負」なのか、召喚石を聖物刻印に見立てた「擬似要塞戦」なのか、はたまた純粋な潰し合いなのか、そんなことくらいしかできない。

これが血盟間要塞戦が来た場合の、我が考える利点は以下。

①要塞戦自体の活発化

②血盟単位で遊ぶことができるコンテンツの増加

 現状だと血盟Dと週1の要塞戦くらいしかない。

③(申し合わせ前提だが)色々な遊び方が可能

 →LRTルールなのかなどの調整が可能。

④血盟内および他血盟とのコミュニティの強化

パッと思うだけでもこれだけ利点があると考える。

 

懸念としては「”週1の要塞戦だったからこそ”感じられた良い点が崩れること」だろうか。

1だから面白い、楽しい、熱が入る、集中できるなどといった所が薄れる可能性はある。

 

故に、血盟間要塞戦と本番の要塞戦とは差別化は図るべきかと。

最初の導入時に血盟間要塞戦を広めるためにキャンペーンを打ち出すのを除き、報酬はいらないかと考える。

報酬を設定したりするとアビューズ行為が蔓延して興醒めパターンに入ることがある。

あくまでこのコンテンツをやってもやらなくても強さや育成には関係ないという所を前提に置き、「ユーザー同士のコミュニケーションを促す施策」としてやってもらいたい。

また、これは完全に我の妄想だが、血盟間要塞戦は即時復活をシステム的になしに設定できたりすると擬似LRTができたり、ユーザー主催のLRTなどが出来て楽しいのではなかろうか。 

 

長くなってしまったがまとめると、今回入る要塞戦冬の陣、要塞戦を深掘りする縦方向の広がりも非常にいいのだが、横への広がりを見せてくれるとより楽しめると思っている。

 

f:id:kenrauheru:20181121134214p:plain

ちなみにマントは欲しいがどういった効果があるのかを早く知りたい今日この頃。

血盟レイドボス

f:id:kenrauheru:20181121134600p:plain

これは純粋にあり。

特にランキングやタイムアタック、去年モンストコラボで行なったタイムアタックと同じだと思うのだが、上位層のイベントの深堀りとしては非常に良い。

報酬格差は激しくていいので、多くの者が参加できうるコンテンツにして、そこで楽しさを見出せればと。

 

去年のモンストコラボ時は、我が軍はお世辞にも上位層とは言えなかったが、それでも血盟員同士でタイムアタックに参加し、トライアンドエラーを繰り返していたのを思い出す。

 

また、これはパラディン目線ではあるが、各クラスのロール(役割)が十二分に発揮できるうるコンテンツが望ましい。

マグナティンでのかぼちゃイベント然り、各種ボスイベント等、火力がほぼ全てであり、盾職や回復職が肩身の狭い思いをせざるを得ない。

まだ「こういう立ち回りをするとこうなる」みたいな選択肢があったりするとそこに面白さを見出せるのだが

このレイドボスも恐らく火力勝負、それ自体は問題ないと思うし、サクサクっと終わらせたいというのもあるが、何か別のコンテンツとしてそういったロール毎に最適解を求めて高められるようなコンテンツがいつか欲しいと思う。

 

ログインボーナスイベント

f:id:kenrauheru:20181121134721p:plain

かなりお得なイベントではあるが、新作MMOLRTロス対策の一環として入れているものと思われる。

休眠復帰とかもこれで増加すると嬉しいが、そんなことよりも純粋に我としては助かる。

 

今回のイベントは「同じアカウントのどのキャラでログインしていても”共通メール”に報酬が届く」ので本当に助かる限り。

最近はサブキャラも3%ボーナスなどが入ってしまった為、様々な者から「サブキャラの日課疲れ」という声が上がってきている。

サブを育てながら報酬はメインにという流れはナイス判断だと思う。

だがとにかくこの日課疲れについては、(我のような完全にマイペースの場合を除いて)ユーザーの萎えが発生するのは事実。

モンストコラボの次元周回数が20回から5回に減らしたように、何かしらの対策をしてくれると助かるかと。

 

最後に

何故こんな事を書くか?

今だからこそアップデートについて自分なりにどう楽しむかを考えるべきだと思うからだ。

 

今日からFAITHというMMORPGが始まり、リネレボのLRTロスやらが重なって大きな流れが来ようとしている。

ちなみに我はFAITHもちょっと触ったりしてみようとは思うが、ヴェンデッタやロードオブロイヤルブラッドなどの時もこういった流れがあった。

これは昨今に限らず、リネージュ1の時代にも沢山経験したことだ。

いつか「自分のやっているオンラインゲームと競合する新作が出た際の考え方」を書こうかと思う。

 

うむ。

そう、そういう感じなのだ。

 

f:id:kenrauheru:20181121135007p:plain

今回の手記の内容、決してなんでもいいからMacbookAirを使いたかっただけではない。

 

ただこういう流れの時の我の考えが、少しでも役に立ってくれたら幸い。

次回書こう。

 

そしてMacbook、書きやすい、最高。

 

以上。

反王親衛隊・新鋭隊の掟については<こちら>を参照の事。

プライバシーポリシーについては<こちら>を参照の事。